大國魂神社ホームページ
  御祭神・御由緒  
  ご祈祷のご案内  
  年中行事(祭事)  
  きのえね祈祷祭・初音祭  
  大國魂神社の大和舞  
  交通のご案内  
  トップへ戻る  
きのえね祈祷祭・初音祭
きのえね祈祷祭
「きのえね」は「甲子」と書き、十干十二支の組み合わせの中での第一番目となります。
 ものごとのはじまり・生成発展のはじまりの日であり、大國魂神社の御祭神の中でも主祭神である大國主命(大己貴命・大黒さま)の御神威が最もかがやき満ちる日であります。

 年六回にめぐる甲子(きのえね)の日、御神前におきまして氏子・崇敬者の方々の無病息災・除災招福を祈願いたします。


初音祭
 初音祭(はつねさい)は、本来、新年はじめての「きのえね」の日に行われておりましたが、現在は「きのえね祈祷祭」とはべつに、正月「成人の日」に祈祷大祭をおこなっております。
 初音祭は一年の始まりにあたっての祈祷大祭であり、いわき市はもとより県内外より多数の参詣者であふれます。

 大祭当日は神楽殿において御神楽「大和舞」と「稚児舞」がにぎやかに奉納され(午前9時〜午前11時)、縁起物の扇子や紅白餅がまかれます。
平成28年初音祭日程


▲このページの上へ
当サイトに掲載されている情報・画像・映像等を無断で転用・複製する事を禁じます。
copyright 2013-16 OOKUNITAMA-JINJA 大國魂神社. all rights reserved.