【12月9日】ロシア悲劇まさにロシアンルーレット【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】毎日飛行中にエンジン爆発出火|ヘルソン占領地避難|ブルガリアが軍事支援|アウディーイユカでロシア軍前進できず

【12月9日】ロシア悲劇まさにロシアンルーレット【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】毎日飛行中にエンジン爆発出火|ヘルソン占領地避難|ブルガリアが軍事支援|アウディーイユカでロシア軍前進できず

【12月9日】ロシア悲劇まさにロシアンルーレット【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】毎日飛行中にエンジン爆発出火|ヘルソン占領地避難|ブルガリアが軍事支援|アウディーイユカでロシア軍前進できず

0:00 はじめに
1:12 全般的な事柄
2:12 ウクライナ情勢ニュース
2:22 ロシア大統領選 プーチン対抗馬行方不明
3:29 ブルガリアがウクライナ軍事支援 大統領拒否権議会が覆す
4:14 ロシア事故寸前 毎日飛行中にエンジン出火
5:23 各地域の戦況
5:31 北東部 ルハンスク州方面 シンキフカ、ペルショットラヴネーヴェの戦況
6:13 東部 バフムト方面ボホダニフカ、クリシチフカの戦況
7:32 南東部 ドネツク州アウディーイユカ、マリンカ方面の戦況
10:37 南部 ザポリージャ州ベルボヴェ、ロボチネ、ノヴォプロコピフカの戦況
11:21 南部 ヘルソン州クリンキー、ポイマ、ピシチャニフカの戦況

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストへ

公開後の最新戦況は日本語英語で交互に公開:@UkraineMilitaryMapSumaito/videos

■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍側 青:ウクライナ軍側 オレンジ:係争中
・一辺10kmの正方形が所々あります
・畑の大きさ:1kmX1.6kmほど
●距離
スバトボ・クレミンナ45km/クレミンナ・バフムト55km/バフムト・ドネツク65km/ドネツク・マリウポリ100km/マリウポリ・メルトポリ170km/メルトポリ・ヘルソン200km
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表で不明
●noteに内容を日本語、英語、ウクライナ語で掲載
 
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net

ウクライナ情勢に関するニュースを
簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要な
ところを見ることもできます
1番目
プーチン大統領が来年3月の
次期大統領選に立候補し、
当選すれば2036年まで大統領を
続けることになる中で、
野党勢力で有名なナワリヌイ氏の
所在が不明となっています
ナワリヌイ氏は大統領選に出れば
最も有力な候補者と、もくされていて、
支持者のSNSは、
「ナワリヌイ氏は3日間所在不明で、
先週、重大な健康問題が
起きたことが判明した」と伝えました
ナワリヌイ氏は3年前に毒殺事件で
意識不明となったほか、
おととしから警備の強化された
特別な刑務所に収監されています
ナワリヌイ氏は自身の裁判の中で
ウクライナ戦争について、
「この戦争を引き起こしたのは
盗賊や泥棒だと思います
私は、この泥棒の犯罪政権と戦うために
政界に入りました」と述べています
2番目
ブルガリア議会はウクライナに
軍事支援をおこなうことを可決しました
ブルガリア議会はウクライナに
BTR60装甲輸送車100両を
供与することを可決しましたが、
大統領が拒否権を発動したため、
議会は再度議決し、拒否権を覆しました
またこれ以外にも対空ミサイル、
地対空ミサイルの供与、
兵士訓練を提供するよう
国防省に命じました
投票中、
ウクライナ支援に賛成する議員と
反対する議員でケンカが起き、
決議は緊張の中でおこなわれました
3番目
以前の動画でもお伝えしましたが、
ロシアの民間航空は
さらに危機に瀕しています
おとといは
ウランウデ発鄭州行きTu204貨物機が
火を噴いたまま飛行している様子が
確認されたほか、
昨日はボーイング737が飛行中に
両方のエンジンに異常が起き、
片方から爆発と火災が発生して
ノボシビルスクのトルマチョボ空港に
緊急着陸しました
乗客が撮影した映像では、
爆発音とともにエンジンから
炎が確認できます
12月の8日間だけで、
ロシアの航空機10機が目的地に
到着できず緊急着陸しているとのことです
ロシアは自国だけで旅客機を製造することが
できず、
西側の制裁で修理もできないことから、
記事ではロシアの飛行機に乗るのは
まさにロシアンルーレットで、
大事故が起きるのは
時間の問題だとしています
■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところをお伝えします
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面
この方面でロシア軍は、
シンキフカで7回、
セレブリャンスキーの森林とその周辺で6回、
バフムトで24回攻撃をおこないました
1番目
未確認の情報ですが、
ウクライナ軍は
ライマンペルシィの森林で反撃し、
一部地域を奪還した可能性があります
その範囲をロシア軍占領地から
係争地に変更し、
今後確認ができれば戦況図を更新します
2番目
クリシチフカの北の高台では、
ロシア軍は西の高台から
クリシチフカを包囲する作戦を
おこなっています
昨日はもう少し西の地点で
砲撃をおこなったことをお伝えしましたが、
ウクライナ軍はこの付近で
ロシア軍の攻撃を警戒していたところ、
ロシア軍は裏をかいて少し下の
森林境界沿いのルートで攻撃を仕掛け、
クリシチフカに通じる道路まで
前進し拠点を築きました
この方面ではロシア軍の
第106空挺師団が投入され、
戦闘をおこなっています
その範囲をウクライナ軍の奪還地から
ロシア軍の占領地と係争地に
戦況図を更新しました
3番目
一方ウクライナ軍はアンドリフカの東で
ドローンによる攻撃をおこない、
BMP1とBMP2、
BTR82を2両、
通信施設、
バンとジープを破壊しました
映像は第92突撃強襲旅団のもので、
戦況図付近の様子となっています
●南東部 ドネツク州
アウディーイユカの天気はみぞれ
最低気温-2度、最高-1度
今日の天気はみぞれの予報
アウディーイユカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況について
お伝えします
○アウディーイユカ方面
ロシア軍はこの方面で30回攻撃をおこない、
攻勢を強めています
ロシア軍はウクライナ軍の弱点を探るため、
あらゆる方向に攻撃を仕掛けています
またロシア軍は暗視装置を備えた
ドローンやシャヘド自爆ドローンも投入し、
新しい戦術を用いて夜も攻撃を
おこなっています
1番目
クラスノホリフカの北、
西、
南西では、
ロシア軍は突撃をおこなっていますが、
ウクライナ軍も防衛し、
ロシア軍は前進できていません
2番目
ウクライナ軍はテリコンの南の
排水処理場に攻撃をおこない、
ロシア軍の戦力を削っています
ウクライナ軍は狙撃とドローンと
砲撃でロシア軍の兵力を削ったため、
ロシア軍は煙幕を張り移動しています
映像は戦況図の様子で、
ロシア軍が煙幕を張って
移動しているところとなっています
3番目
またウクライナ軍はその東の
住宅地に前進し、
ロシア軍も応戦して
激しい戦闘となっています
ウクライナ軍の第116国境警備隊の戦車部隊は
戦況図の場所に入り、
ロシア軍の隠れている建物を
戦車砲で砲撃し、
ロシア軍も迫撃砲で応戦しています
一方ウクライナ軍は同じブロックで、
ロシア軍の陣地に砲撃もおこなっています
映像は戦況図の付近で、
ウクライナ軍の戦車にロシア軍が
砲撃をおこなっていますが、
狙いは外しているところとなっています
この付近を係争地として
戦況図を更新しました
それ以外の、南の工場地帯、
ヴォジャネからペルヴォマイスケの攻撃軸では、
ロシア軍の攻撃をウクライナ軍が撃退し、
戦況図に影響のある情報は
ありませんでした
○マリンカ方面
この方面でロシア軍は、
マリンカとノヴォミハイリフカに14回
攻撃を仕掛けましたが、
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした
またロシア軍はマリンカの全部を
占領できていないところも昨日と同じです
●南部 ザポリージャ州
この方面では、ロシア軍は
ヴェルボヴェとロボチネで8回
攻撃をおこない、
特にロボチネ周囲で戦闘が
活発になっています
1番目
ロシア軍はノヴォプロコピフカから
北に攻撃をおこないました
映像はロシア側のもので、
戦況図にあったウクライナ軍陣地を
襲撃するロシア軍の様子となっています
非常に接近した戦闘となっていて、
ロシア兵がウクライナ軍の陣地に向かって
何かを投げているところとなっています
戦況図には変更はありません
●南部 ヘルソン州
ヘルソンの天気は雨のちくもり
最低気温2度、最高3度
今日の天気はくもりの予報
ロシア占領当局は占領地の
ノヴァカホフカとオレシュキーの住民に、
13日まで避難するように呼びかけました
これはウクライナ軍がこの方面で
前進していることを示しています
1番目
クリンキーでは、
ロシア軍は滑空爆弾と砲撃で
ウクライナ軍を疲弊させようとしています
一方ウクライナ軍は南の森に前進し、
攻撃をおこないましたが、
ロシア軍が反撃に出て前進しました
位置情報付きの映像によると、
ウクライナ軍は戦況図の場所で
ロシア軍BMD2、
BMD4歩兵戦闘車を破壊していることから、
ロシア軍の空挺部隊が森林まで
前進してきたことが確認できます
お見せしているのはウクライナ軍の
戦術評価の様子で、
戦況図の場所で
ウクライナ軍のドローンにより
破壊されたBMD2、
BMD4となります
推測ですが新たに編成した
第104空挺師団が活動しはじめた
可能性があります
これまでこの方面のウクライナ軍は
ロシア軍の敵失に救われてきましたが、
今後はそうもいかないかもしれません
2番目
未確認の情報ですが、
ロシアの軍事ブロガーは、
ウクライナ軍の偵察部隊が
キンバーン砂嘴に上陸したと伝えています
今日は以上です
ご視聴いただきありがとうございました
使用は規約に従い確認の上おこなっています。

ルーレットカテゴリの最新記事